NCDA Staff

Director, Koji Gushiken(ディレクター、具志堅幸司)

Koji Gushiken is the 12th president of NSSU and director of NCDA. He has been working for NSSU since 1985. As an artistic gymnastic player, he won two gold medals at all around and rings, one silver medal at horse vault, and two bronze medals at horizontal bar and teams in 1984 Summer Olympics in Los Angels. He coached Japan National Team in 2008 Beijing Olympics. 

 

Message from Koji Gushiken (English)

https://www.nittai.ac.jp/eng/nssu/message.html

具志堅幸司は、第12代日本体育大学学長であり、NCDAのディレクターでもある。日本体育大学には1985年より勤めている。体操競技の選手として、1984年ロサンゼルスオリンピックにて、個人総合とつり輪において2つの金メダル、跳馬において1つの銀メダル、鉄棒と団体総合において2つの銅メダルを獲得している。また、2008年北京オリンピックでは日本代表監督を務めた。

学長挨拶(日本語)

https://www.nittai.ac.jp/about/profile/greeting.html

Deputy Director, Masamitsu Ito(副ディレクター、伊藤雅充)

Masamitsu Ito is a professor in sports coaching at Nippon Sport Science University in Japan. He is also the director of NSSU Centre for Coaching Excellence and the deputy director of NSSU Coach Developer Academy (NCDA). He is a member of the research committee of the International Council for Coaching Excellence and a first vice president of the Asian Association of Coaching Science. He completed his Ph.D. work in Biomechanics at University of Tokyo, then moved to NSSU, where he devoted to creating Master’s and Ph.D. programs in sports coaching. One of his contributions to the world of coaching practice is the creation of NCDA (http://www.ncda.tokyo) which offers unique professional development opportunities to whom supporting coaches to learn around the world. He has been deeply involved in the reform of Japanese coaching qualification system and leading discussions around quality coach development in Japan. At the same time, he is running a Japanese government funded program to support para-athlete and coach development and creation/capacity-building of national Paralympic committees in developing countries.

伊藤雅充は、日本体育大学で教授を務めている(専門はスポーツコーチング)。日本体育大学コーチングエクセレンスセンターのセンター長および日本体育大学コーチデベロッパーアカデミー(NCDA)副ディレクターも務めている。また、国際コーチングエクセレンス評議会の研究委員会のメンバーであり、アジアコーチング科学協会の第一副会長でもある。東京大学でバイオメカニクス分野で博士号を取得後、日本体育大学に赴任し、スポーツコーチングの修士および博士課程のプログラムの設立に関わった。日本体育大学ではNCDAの設立に尽力し、そのNCDAは現在世界のさまざまな国々でコーチの学びを支援する人々(コーチデベロッパー)に専門分野での成長の機会を提供している。また、日本のコーチ資格制度の改定および日本のコーチ育成に深く関わってきた。また、スポーツ庁より委託を受けたパラアスリートおよびコーチ育成を支援し、発展途上国の国内パラリンピック委員会の設立を支援するプロジェクト(NEPP)を進めている。

https://twitter.com/masamitsu110

Deputy Director, John Bales(副ディレクター、ジョン・ベールズ)

John Bales has been the volunteer President of the ICCE since 2005, where he has worked to create a deep and powerful foundation for coaching development around the world.  He was CEO for the Coaching Association of Canada for 17 years, the founding director of the National Coaching Institute Calgary and a former Canadian national and Olympic coach in sprint canoeing. John contributed to the initial planning of the NCDA and now serves as a Deputy Director.

ジョン・ベールズは、2005年より国際コーチングエクセレンス評議会(International Council for Coaching Excellence)の会長を務めている。そのなかでは、世界中のコーチ育成に対して深く強固な基礎を作り上げるために尽力してきた。カナダコーチング協会の会長も17年間務め、そのほかにも国立カルガリー・コーチング研究所の初代ディレクターや、オリンピックのスプリントカヌーのカナダ代表チームコーチなどを歴任している。日本体育大学コーチデベロッパーアカデミー(NCDA)では設立にあたり立案や企画において多大なる貢献を果たし、現在は副ディレクターを務めている。

https://www.icce.ws/

Research Fellow, Shigeki Sarodo(研究員、佐良土茂樹)

Shigeki Sarodo, Ph. D., is a Research Fellow at Nippon Sport Science University (NSSU), Tokyo, Japan. He has been working for NSSU Coach Developer Academy (NCDA) since 2016. He also serves as coach trainer for Japan Sport Association (JSPO), a member of the working group for coach development in Japan Basketball Association (JBA), and a coach developer in NSSU basketball team Lions. He completed his Ph.D. work in philosophy at Sophia University, Tokyo, Japan. He translated the books of prominent basketball coaches, such as Mike Krzyzewski, Phil Jackson, and the others, into Japanese. He focuses on the research on the coaching philosophy, happiness of coaches, and the practical wisdom (phronesis) of coaches. 

佐良土茂樹は、日本体育大学で特別研究員を務めている。日本体育大学コーチデベロッパーアカデミーでは2016年4月より勤務している。また、日本スポーツ協会(JSPO)のコーチトレーナーや日本バスケットボール協会(JBA)の技術委員会指導者養成部会のワーキンググループメンバーを務めており、日本体育大学バスケットボール部でコーチデベロッパーも務めている。上智大学にて博士(哲学)の学位を取得している。さらに、現在はコーチング哲学、コーチの幸福、コーチの思慮(フロネーシス)について研究を行っている。また、マイク・シャシェフスキーやフィル・ジャクソンなど、著名なバスケットボールコーチの翻訳書も刊行している。

https://researchmap.jp/7000004638/

Research Fellow, Saori Nakayama(研究員、中山紗織)

Saori Nakayama, Ph. D., is a Research Fellow at Nippon Sport Science University (NSSU), Tokyo, Japan. She has been working for NSSU Coach Developer Academy (NCDA) since 2020. She also serves as a member of U-12 player development committee and physical education committee in Japan Handball Association (JHA). She completed her Ph.D. work in coaching science at Tsukuba University, Ibaraki, Japan. She focuses on the research on player development of ball games. 

 

中山紗織は、日本体育大学で特別研究員を務めている。日本体育大学コーチデベロッパーアカデミーでは2020年4月より勤務している。また、日本ハンドボール協会(JHA)指導普及本部育成委員会小学生専門委員会および学校体育専門委員会において委員を務めている。筑波大学にて博士(コーチング学)の学位を取得している。現在は、球技における選手育成活動について研究を行っている。

Administrator, Shiori Hirashima(事務、平島志織)

 

 

Support Staff, John Alder(サポートスタッフ、ジョン・オルダー)

Based in the UK, John Alder is the Head of Performance Pathways at UK Sport / English Institute of Sport (EIS), leading a team of talented practitioners tasked with supporting the development of people, pathways, and systems to enhance the transition of athletes from talented juniors to world class international performers.  A consultant trainer for the ICCE and friend of Nittaidai since 2012, John has been involved with NCDA since its inception in 2014 supporting Dr Masamitsu Ito and the NCDA team in the delivery of the academy.  As a lifelong coach, John’s interest lies in the human side of coaching and performance, and how best we can support leaders and coaches to become leaders worth following, who create work worth doing, and cultures and organisations worth being part of. Follow John on Twitter @LeadCulturally.

ジョン・オルダーは、英国に本拠を置き、英国スポーツ協会/イングランドスポーツ研究所(EIS)でパフォーマンスパスウェイ長を務めている。そのなかでは、資質を秘めたジュニア世代のアスリートを世界で活躍できる国際パフォーマーへと育てるための人材開発、パスウェイやシステムをサポートする役割を担う優れた実務家たちのチームを率いている。ICCE(国際コーチングエクセレンス評議会)のコンサルタントトレーナーを務め、2012年から日本体育大学の「よき友」として活動を共にしてきている。NCDA(日本体育大学コーチデベロッパーアカデミー)が2014年に設立されたときから、伊藤雅充教授およびそのチームをサポートして、NCDAの運営に携わってきた。生涯に渡るコーチとして、コーチングやパフォーマンスの人間的な側面に関心を持ち、さらにリーダーやコーチたちが、行うに値することを作り出し、一翼を担うに値する文化や組織を築くことができるような、ついていくに値するような存在になること支援するために自分たちにできる最良のことは何であるかを探求している。

 

https://twitter.com/LeadCulturally

Former Research Fellows

(これまでに在籍した研究員)

Jun Sekiguchi(関口遵)2014-2017

Osamu Morishima(森嶋修)2015-2017

Fumihiko "Bun" Iwahara(岩原文彦) 2017-2018

​日本スポーツ協会2019年度コーチデベロッパー講習会にて

© 2014-2020 by Nippon Sport Science University CDA, All rights reserved

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon