​コーチデベロッパーとは?

​コーチデベロッパーは、誤解を恐れず簡潔に表現すると「コーチのコーチ」と言うことができるでしょう。

平成27年度コーチ育成のための「モデル・コア・カリキュラム」作成事業報告書(公益財団法人 日本体育協会(当時))では次のように言われています。

「コーチ・デベロッパーは単に経験豊かなコーチやコーチングの知識の伝道者であるだけではない。彼らはポジティブで効果的なスポーツ体験をすべての参加者に提供するために、コーチを育成・支援し、彼らが知識やスキルを磨いたり向上したりするのを促すトレーニングを受けた者である」

​現在では、日本スポーツ協会や日本バスケットボール協会などがコーチデベロッパーを養成し、​講習会でコーチの学びを支援しています。

スクリーンショット 2020-04-24 18.53.11.png

【参考Web記事】(SANSPO.COMより)

コーチ育成者を養成へ スポーツ協会が初の試み

​「近年、指導者による暴力やパワハラ、セクハラなどの問題が相次いだことを受け、日本スポーツ協会は2019年度から指導者養成の講習に新カリキュラムを導入し、コミュニケーション能力などを伸ばすことを重視する内容に変える。コーチデベロッパーは新たな講習で中心的役割を担う」(Webより引用)

【参考資料】(日本バスケットボール協会HPより)

2019年度からのコーチライセンス制度改定のご案内

​「⑥コーチデベロッパーの養成
知識や技術・戦術の指導力だけではなく、人間力を兼ね備えた指導者を養成するための人材を養成(C級・D級コーチ養成講習会の講師を担当)」(Web資料より引用)

【諸外国の事例】

「カナダコーチング協会は「コーチデベロッパー(過去には「学習ファシリテーター」と呼ばれていた)がコーチ育成プログラムの講師としてセッションを担当している」(伊藤(2017: 24-25))

競技団体の例として、世界ラグビーや英国サッカー協会が「コーチデベロッパー」あるいは「コーチエデュケーター」と呼ばれる人材を養成し、コーチ育成をフルタイム、もしくはパートタイムで行うシステムを構築している」(伊藤(2017: 25))

​また、オーストラリアの南オーストラリア州では、コーチデベロッパーがコーチの現場に出向き、コーチの資質能力向上を支援する取り組みが行われています。

さらに、民間の会社レベルでもコーチデベロッパーとしてコーチの成長を支援する取り組みがあります。例えば、カナダでは、COACH+(コーチプラス)と呼ばれる会社が、そのようなコーチの支援を業務として行っています。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=82&v=IaHxUAxKcgs&feature=emb_logo

(参考資料、YouTube(英語:1分半))

​【ICCE(国際コーチングエクセレンス評議会)のコーチデベロッパーに対する取り組み】

ICCEは、2014年に『国際コーチデベロッパーフレームワーク( International Coach Developer Framework )』(英語)を刊行しています。

そのなかでは次のような内容について触れられています。

導入:コーチ育成への第一歩
(Introduction: A step forward for coach development)


第1章:コーチデベロッパーの役割
(Chapter 1: The role of coach developers)


第2章:コーチの学びを支援すること
(Chapter 2: Helping the coach to learn)


第3章:コーチデベロッパーのパスウェイ
(Chapter 3: Coach developer pathway)


第4章:コーチデベロッパーの基準と資質能力
(Chapter 4: Coach developer standards and capabilities)


第5章:コーチ育成システムの構築
(Chapter 5: Building the coach development system)

 

​この『国際コーチデベロッパーフレームワーク』に基づいたコーチデベロッパーの養成プログラムが、国際コーチングエクセレンス評議会の協力のもと、下記の国々で開催されてきました。

日本

(主催団体:日本体育大学)

シンガポール

(主催団体:スポーツ・シンガポール

ザンビア

(主催団体:ZAMCOACH360)

アメリカ合衆国

(主催団体:合衆国コーチングエクセレンスセンター

日本体育大学コーチデベロッパーアカデミー(NCDA) では、​これまで41カ国96人のコーチデベロッパーがプログラムに参加しました。現在は、コーチデベロッパーの国際的なネットワークとなっています。

200210_NCDA WorldMap.jpg

 

NCDA の2014から2020年までの軌跡 

 

NCDA 2019年度のコーチデベロッパー育成プログラムの様子(7分半) 

 

NCDA 2015年度 紹介動画(日本語版)

 

NCDA 2015年度コーチデベロッパー育成プログラムの様子 (1分半)

合衆国コーチングエクセレンスセンター コーチデベロッパープログラム(2019年)の様子

【参考文献】

 伊藤雅充(2017)「コーチとコーチング」、日本コーチング学会編、『コーチング学への招待』、大修館書店

© 2014-2020 by Nippon Sport Science University CDA, All rights reserved

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon